ラブグラで悩みを解決!

病院で手に入るラブグラの飲み方

ラブグラは女性用バイアグラとも言われる医薬品の1つです。
バイアグラは男性用の内服薬で、EDの改善する効果があります。
ラブグラはというと不感症や性的興奮の障害を、軽減できる薬です。
女性の中には加齢や体質的に、膣内が塗れにくく性交渉時に強い痛みを感じる方がいます。
痛みが不安で性交渉を避けてしまうケースも少なくありません。
また、あまり快感が得られないという不感症になってしまうと、性交渉自体が辛いものとなってしまいます。
ただ、性交渉はただ単に子孫を残すというだけでなく、生活を充実させたりパートナーとの愛を深める事が出来る行為です。
痛みや不感症といった症状を緩和できれば、よりパートナーとの絆も深まるでしょう。
ラブグラに含まれる有効成分、シルデナフィルは女性器周辺の血行を良くする働きがあります。
血流の流れが良くなると、膣内の潤いが増すという効果が期待出来ます。
また、血行が促進する事で性的な快感を得られやすくなるようです。
ラブグラはアメリカ食品医薬品局という、日本で厚生労働省にあたる機関が認めた医薬品です。
アメリカ食品医薬品局は認可が厳しい事で知られる機関で、ここで安全性や効果が認められたラブグラは安心して服用できる薬と言えるでしょう。
産婦人科などの病院で相談すれば、日本でも処方してもらえます。
ただ、医薬品ですので正しく服用する事が大切です。
飲み方としては性交渉を行う、30分から1時間前に1錠を服用するのが基本となっています。
服用後、5時間程度は効果が続きます。
高脂肪の食事やアルコールと一緒に服用すると、効果が薄れてしまうので注意が必要です。
ラブグラの効果をより発揮するには、空腹時の服用がベストです。

上へ戻る