ラブグラで悩みを解決!

ラブグラで膣が潤えば痛みも軽減

ラブグラで痛みがなくなり、安心している女性

ラブグラはインドの製薬会社が発売する医薬品で、女性の性交痛や不感症といった性機能の改善を目的としています。有効成分はシルデナフィル、世界的にも有名な男性用ED治療薬となるバイアグラと同じ成分を使用しています。男性の場合は勃起障害を改善するためのものでしたが、女性が使用しても性機能に作用することが分かったことから転用されている成分です。そのため、ラブグラは女性用バイアグラとも呼ばれ、女性の性交に対する満足感や欲求を満たすために用いられるようになっています。ラブグラの成分であるシルデナフィルは、PDE5と呼ばれる酵素を阻害する働きを持っていますが、加えて性器周辺の一酸化窒素を活性化させ、血管を拡張させることができます。血液の流れを良くすることで、膣内の感度を向上させたり、膣液の分泌量を増やす効果があるようです。膣液が増えれば性交の痛みが軽減されますし、スムーズな挿入ができるようになれば、これまで痛みしかなかった性行為に快楽が加わるようになります。近年では不感症や痛みを伴う性行為によって、性欲が減退したり、コンプレックスを抱えている女性が多いようです。ラブグラによる効果は個人差があるので、急激な感度の上昇はありませんが、性交による痛みが軽減されたり、オーガズムに達しやすくなるといった人も多いため、コンプレックスを抱える女性は使用してみると良いでしょう。価格も4錠入り1,500円前後と手頃に購入できるので、医薬品とは言っても日常的に使用することが可能です。ただし、副作用などのリスクもあるので、安易に使用せず注意点などを良く理解して使用するようにしましょう。特に1日に何度も服用したり、禁忌とされる医薬品を併用すると危険なので添付文書はしっかりと目を通しておくようにします。

ラブグラを飲む時は相手には言わなくてもよいか

ラブグラを飲む事を言いたくない女性

ラブグラを飲む場合は、相手に言わなくてもかまいません。なぜなら、普通はラブグラを飲んでいることなど、相手にはわからないからです。ラブグラは、確かに、女性用ED治療薬ですが、とても良くできていて、媚薬と違い、何もしないうちから、頭が急にエッチモードになったり、淫乱女性になって、取り乱すことはないからです。副作用も少なく、あくまでも、正常な状態で、性的刺激を受けた時のみ感度がよくなる治療薬です。そのため、黙っていれば相手の男性にはわかりません。それよりも、感度がよくなることにより、相手の男性は「自分のテクニックがよくなったからだな」とか「前よりももっと感じてくれているのはもっと自分を好きになってくれたからだな」と錯覚させて喜ばすことができます。男性はセックスの際に女性の感度がよくなっているので思わぬサプライズに喜ぶことが多いです。その為に相手の男性には服用していることをわざわざ言う必要はありません。むしろ黙って感度が上がったことを喜ばせるチャンスになります。ただし、ラブグラには服用の際に食事に対する時間制限があります。例えば、性行為の1時間前に服用し、その際には、空腹時か直前の食事から少なくても2時間以上経過後に服用しなければ、効果が発揮できません。そのため、例えば、会ってまもなく性行為をする場合は別ですが、たいていは、会って話をしたり、二人で何かを食べたりすることが多いために、そのようなことがある場合には、黙っていると、ラブグラの正しい服用ができません。その為に、きちんとした服用が自分一人だけでは無理な場合には、相手にラブグラを服用することを告げて、食べる時間などについて一緒に協力してもらうことが大切です。そのような場合には、相手に言った方が正しい服用ができます。

ラブグラと同じような効果の薬はどんなものがある?

ラブグラと同じ効果がある薬について説明する女性

女性用のバイアグラと言われている医薬品がラブグラであり、ジェネリック医薬品であることから他にはウーメラも同じ医薬品です。また成分が同じであるバイアグラと一緒ですので、ED治療薬も用いられています。配合されている成分はシルデナフィルであり、肺動脈性肺高血圧症の治療薬になりますので、これを同じと分類されます。作用は血管を拡張することになります。この作用を利用して、女性の不感症やオーガズム不全を解消する目的に使われています。女性が服用することで下半身の血流が良くなり、それによって性的興奮を感じやすくする効果があります。男性の場合は勃起を鎮める酵素であるPDE5を抑制する効果もあることで、勃起不全に対して大きな効果を持ちますが、それと比較するとラブグラの効果はまちまちになります。個人差がありますので、服用してみないと効果がわからりません。ただ理論上、血液に循環が良くなれば、それだけ性的に感じやすくなりますので間違っていないアプローチになります。ただED治療薬は健康体の方しか服用できない医薬品です。まだバイアグラが発売されていない日本で、この医薬品を求めるために個人輸入を利用し、副作用で健康被害を受けた人が多数いました。その多くが何らかの持病を抱えている人です。心疾患や肝障害と腎障害を持っている方にはリスクが高すぎる医薬品であり、もちろん女性にも同じことがいえます。性の問題を解決する医薬品であり、しかも女性ですのでなかなか解決できないことも多いです。認可されていない医薬品であり、個人輸入で求めることが多くなりますが、くれぐれも持病がある方は購入から服用まで気を付けなければなりません。それを忘れないようにしましょう。
■ラブグラではなく媚薬を手に入れるには
媚薬は通販で買える?
■男性の人にはこちらの精力剤がおすすめです
精力剤の効き目

上へ戻る